夢のある会社(仲間)= ドリームズカンパニー
Im'Dreams'company
 
 弊社は「障害者が安心して働きつづけられ、地域社会の一員としてかかわり、

幸せで安定した生活をおくれる社会を創りたい」

「福祉関係者、仲間などの中で心身ともに自立できる福祉を創りたい」という設立代表者や障害者の願いで、

前進である「ハートライフネットワーク」から「株式会社ドリームズカンパニー」名称を改め、

2014年07月に産声をあげたのが、「指定障害福祉サービス事業」です。

​                            

airplane-01.png
1743.png
上津事業所.jpg

​このゆびとまれ

​就労継続支援A型・上津事業所

​​このゆびとまれは成田山の麓、慈母観音像に見守られ閑静な場所にあり、交通の便もよく施設は完全バリアフリーと広々としたフロアで利用者さんは淡々と作業をしています。また、地域連携相談室を設け地域に情報を配信し周知活動や就労に関する説明会、働き方改革として、フレックスタイム制度の導入、女性に優しい職場作りの環境の整備に取り組んでいます。

藤山事業所.jpg

​晴る家 (ハレルヤ)

​就労継続支援A型・高良内事業所(女性専用)

​晴る家(ハレルヤ)は女性専用事業所として主にフラワーソープアレンジメントや天然石(宝石)ブレスレッドの制作をしています。得意不得意はあってもそれぞれ感性が違うようにお客様に手に取っていただく好みも違います。クオリティーの追求はもちろんですが、頂いた、購入いただいたお客様の背景を想像しながら、オンリーワンの一点物を制作しています。

​しあわせの貯金箱

​指定特定相談支援事業所

​ひとは誰しも悩みのひとつや家庭環境、生活の不憫さ等、様々な事情を抱えています。ひとそれぞれにあった支援策・解決策を提案し個々の困り事を解消していくお手伝いが出来たらと、私たちの想いです。就労に関する事、ご本人様に限らずご家族の方等、

遠慮なくお気軽にご相談ください

~Happy diary~しあわせの貯金箱

(仮名)今秋開設予定準備中!!

​障害のある方が笑顔で働くために・・・   
​指定障害福祉サービス事業
​関連事業
27579721_351994478614405_674219958921592832_n.jpg

Flower&Zakka Rin

​フラワーソープ専門店

​​久留米発のフラワーソープの専門店。

​石鹸でできたバラの花びらは枯れることなく、水やりの必要もお手入れも必要ありません。平成26年の販売開始からお客様に大変喜ばれ、リーピート率は実に90%を超えています。花の色選び、器選びからオンリーワンのオーダーも賜っています。お祝いやお見舞いい、歓送迎、自分へのご褒美等様々シーンを演出します。

1272670IMG1.jpg

​(合) J・トレード企画

貿易・​商材輸入・イベント企画・販売

合同会社ジェイ・トレード企画は、

(株)ドリームズカンパニーの子会社として海外から厳選した品質の良い商材を輸入し、障害のある方に就労の場を提供し、独自にイベントを企画、販売し障害者の収益確保と生活維持をミッションとした流動性のある事業展開を行っています。最近では某タレントが愛用した事で人気となり、高価ですがブラックダイヤモンドが大変人気です。

ビジネスプレゼンテーション

未来学育塾

RMP研究所・リスクマネジメントプログラム

「未来」=「より良い未来へ」

「学」=「学び」、「育」=「育成」

成功する本は書店の棚に沢山陳列されています。しかし私たちの身近に成功者、成功し続けている人があまりいないのはなぜでしょう​。未来学育塾は福祉依存の経営者脱却から商売の出来る経営者にスッポトをあてリスク回避を原点に異業種を講師として招き成功事例を元にプログラムを組んでいます。

​☆当事業所の特徴

 

​人は誰しも得意不得意があるように事業所にも得意分野とそうでない分野があります。

事業所によって理念や方針もあれば想いもまたそれぞれです。

様々な特色の事業所があることで利用者にも選択肢が増え

自分にあった事業所が必ず見つかるはずです。

(R3/4/1現在、久留米市には30件を超えるA型事業所があります)

選択は利用者の自由(平等な権利)です。

私たちは最も得意とする「身体、難病」の分野に力を集中させることで

より良いサービスの提供と質の向上を目指しています。

また、行政指導に伴い採用について当事業所独自の採用基準を設けております。

一般就労に向けて訓練に来るわけですから当然と言えるかもしれません。

★充実した福利厚生

 

国が推進する働き方改革によって「働きやすさ」「やりがい」が重要視されるようになり、

環境の変化が一層加速しています。

また、女性の労働参加やラフスタイルの変化によって人々の働き方や仕事に対する考え方も多様化しています。

今、事業所に必要なことは従業員の満足度の向上とモチベーションの維持。

雇用主は工夫と充実した福利厚生が求められています。

 

01,レクレーション

従業員(利用者含む)が仕事以外の場で楽しめる機会を設けることで

従業員同士の関係を深めることを目的としたレクレーションを企画しています。

年始めの鏡開きぜんざい会、花見、イチゴ摘み、バーべキュー、たこ焼きパーティー、忘年会、餅つき大会等、

四季に合わせたイベントを企画しています。またレクレーションから生まれるアイデアも沢山あります。

02,​シエスタ制度の導入・リフレッシュタイム

午前・午後メリハリのある就労に不可欠な休息、昼休みはもちろん昼食後の眠気は就労意欲を妨げるだけではなく

​生産効率の低下に繋がります。当事業所は15分から20分程度

リフレッシュのための昼寝タイムを容認しています。

03,ランチの導入

​就労するためには健康管理は不可欠です。従業員(利用者含む)

当事業所は専属の調理師が栄養面はもちろん美味しく、安全安心そして昼食が楽しみになる食事の提供に心配りしています。

希望者は1食190円にて日替わりランチを提供しています。(*注1)代金は給料引きにて徴収させていただきます。​

​04,女性優しい職場作り

                              男女雇用機会均等法に基づく取り組み 

                                                                           01・女性週間の体調不良による休暇  

                                                                           02・幼児・就学児の病気の為の休暇 

                                                                           03・育児・介護等による短時間勤務の対応

                04・学校行事(受業参観等)による就業時間のシフト変更

           ​05・女性が相談しやすい体制づくりと相談の受け方

​具体的な対応・対策

女性が体調不良の際に月1回特別休暇を取得できる「エフ休」

「エフ休」とは、女性特有の体調不良の際に、月1回取得できる特別休暇制度のことを指します。
通常の有給休暇も含め、女性が取得する休暇の呼び方を「エフ休」とすることで、

利用用途がわからないようにし、取得理由の言いづらさ、取得しづらさを排除します。

(エフ=FemaleのFを指します)

幼児・就学児の病気の際に通常の有給休暇も含め、年6回取得できる「キッズ休」

短時間勤務の対応としてWLB(ワークライフバランス)制度の導入

また、営業時間内での午前・午後と出勤時間を変則化することで

​その人にあった就労、ライフスタイルが希望できるよう柔軟な対応,

学校行事、入学式、事業参観等による就業時間の柔軟なシフト変更、

急な休み時にカバー出来るよう2人3役のスキルを身に付けお互い助け合っていく訓練。

また、相談しやすい環境つくりと,女性スタッフから体調を伺う度健康管理を行なっていく。

05,セミナー参加支援制度

自己啓発のための福利厚生としてセミナーや研修会へ積極的に参加し、

キャリアアップを目指す人に対し、必要な研修やセミナーへの参加費用の一部を負担する制度を設けています。

スキルアップを推進することで、人材育成に繋がりまた、豊富な知識と経験を積むことで

より良いサービスの提供と後輩の指導や今後の人生においても生かすことができます。(*注2)

06,ずる休み制度

気持ちのよい時等、気分が高揚し調子にのってつい飲みすぎ、二日酔いなんてことがあると、

社長の独断と偏見で出来た制度ですが、理由はどうであれ

「ずる休みします!!」

と堂々と正直に​手をあげた・申告した場合に限り

6ヶ月に1日だけ休みがもらえるという制度。

少年の心を持つ社長らしい発想からできた制度です。

トラブル発生した場合ずる休み制度は廃止となります。

07,送迎制度

A型作業所は一般就労に向けての訓練の場と位置付け、通勤も訓練としていますが、

家庭の事情、障害等を考慮して

​送迎の対応が必要と判断した場合に限り送迎をおこなっております。(*注3)

 

 

 

 

注,1

​市内の病院で栄養科に20数年勤務した経験を活かし、

調理責任者を担当させていただいております。

WHY [パーパス]

私たちはなぜ存在しているのか

食事で皆様の生活に貢献し、

栄養管理で健康維持をお手伝いします。

WHAT [バリュー]

私たちは何を提供しているのか

①安全安心な食事を提供します。

②美味しく食べてもらえる食事を提供します。

③毎日の出勤に楽しみを与えます。

HOW [スタンス]

​​私たちは、何を守り、どのような想いと姿勢で提供するのか

[安全安心な食事]

④衛生管理への高い意識と細心の注意        

⑤食中毒を起こさない

[美味しい食事]

⑥皆様の気持ちになって食事を作る

⑦昨日より今日、今日より明日、もっと美味しく

[よろこび・感動の提供]

​⑧プロの調理師としての自覚

⑨私たち一人一人の心と体の健康管理

​⑩他者を思う心がチームワークを作る

⑪笑顔・挨拶・明るく元気な返事~コミュニケーションを良好に~

⑫意見・注意しあえる、信頼の職場作り

​⑬幅広く業務を習得し、カバーし合える体制つくり

​美味しい会社弁当

​注,2

セミナー研修会における実績

2017年介護職員初任者研修1名受講

2017年相談支援初任者研修2名受講

2018年サービス管理責任者初任者研修2名受講2名資格取得

2018年社会福祉士主事任用研修2名受講2名資格取得

2019年同行援護支援研修1名資格取得

2020年相談支援専門員実践研修1名受講1名取得

2020​年人権擁護オンラインセミナー4名受講

他セミナーなど多数参加

 

注,3

​送迎を担当していますA・Kです。

定年退職後、運転手として雇って頂いています。

西鉄バスの運転手、タクシーの運転手歴を生かして安全安心はもちろん

事業所に確実に送り届け、帰宅地までおこり届ける使命感をもって業務にあたっています。

職場や障害のある方に少しでもお役に立てればと思っております。

経験を生かして頑張っていきます。よろしくお願いいたします。 

調理担当責任者​
調理師 C・I
​私が調理を担当しています
弁当1
弁当2
弁当3
弁当6
弁当4
今村千里トリミング1のコピー.png
​送迎担当
草野彰(1)のコピー.png
​A・K